リタール販売.COM|制御盤キャビネット、ボックスの専門サイト

電気設計技術者のためのリタール製品に特化した販売サイト

会社概要

サイトマップ

リタール製品のお困りごと技術相談室|TEL:095-864-7000

メールでのお問い合わせはコチラ

標準化された Open Rack テクノロジー

投稿日:2017年07月10日

 

現在、急速に成長しているデータセンタービジネス。
そのデータセンター設計をサポートする団体「Open19 Foundation」が設立されました。
マイクロソフトの子会社 LinkedIn が中心となり、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、
GE Digital などのグローバルベンダーによって推進されています。

世界最大のラックプロデューサーである Rittal も Open19 Foundation に加入しました。
Rittal は、標準19インチラックをベースにした Open19 ラックを提供しています。
オープンソース設計は、海外規格に標準化されたアーキテクチャに基づいています。

プラットフォームには3つの主要な共通要素があります。
1.ブリック・ケージ
2.電源シェルフ
3.ネットワーク・スイッチ

Open19 アーキテクチャの利点の1つは、サーバーに電源を供給するために直流を使用する
ことです。
DC電源はエネルギー効率を向上します。標準化されたモジュラー構成により、短期間の
サービスインを可能にします。

Rittal は、革新的なラック設計を支援する Open19 Foundation の一員として
データセンターの高効率、低コスト、柔軟性の向上を促進し、
あらゆる規模の事業者に業界標準のデータセンターモデルとエッジソリューションを
提供します。

 

19ラック

ページのトップへ戻る